マイカーローンを組むなら、おすすめのランキング上位の車ローンで借りるようにしましょう。

マイカーローン審査の注意点

マイカーローンの審査は収入状況、他社での借り入れ状況、信用情報機関に登録がされているクレジット履歴などが見られています。収入については説明するまでもないですが、他社の借り入れ状況や信用情報は注意が必要です。

今すぐにどうにか出来る問題でもないのですが、クレジットカードやカードローンの利用がある方、過去にそれらの返済や支払いの遅れがあった方は、マイカーローン審査に何らかの影響が出る可能性があります。

借りすぎていると審査で不利に

クレジットカードの利用が多い、カードローンを何社も利用しているような状況では、マイカーローンの返済に困る可能性があるため、審査には通らない場合もあります。具体的に何社まで、何件まではOKといった線引きはされていませんが、複数の利用がある方は注意が必要です。

ただ、住宅ローンなどの目的ローンの場合には、むしろプラスに働く場合もあります。住宅ローンなどを利用している金融機関でマイカーローンを借りる際には、金利が優遇される場合もあります。もちろん返済が正常に行えているのが最低条件となりますが、特に遅れや不足も無く入金が順調に行われていれば、審査でも有利になる可能性があります。

支払いが遅れた方は要注意

過去に支払いが遅れたことがある方は、遅れた期間によってはマイカーローン審査に大きな悪影響が出る場合があります。3ヶ月以上のような長期の遅れをしていると信用情報機関にネガティブ情報が記載されるので、マイカーローンを含むローン商品の審査では大きく不利になります。

また、長期の遅れではないとしても、直近の2年間程度は返済履歴が記録されているため、数日の遅れや不足入金でもマイナスとなります。特に注意をしておきたいにはマイカーローンを借り換えとして利用する場合で、直近の半年間で返済のトラブルが見られると、申し込み条件を満たせない場合もあります。

これはクレジットカードやカードローンに限らず、身近なもので言えばスマートフォンの本体代金の割賦払いでも同様です。毎月の携帯電話の利用料金は該当しませんが、本体代金の割賦が残っている状態で毎月の支払いが遅れていると、信用情報機関の返済状況が「遅れマーク」だらけになってしまうのです。

一度付いてしまった情報は一定期間が経たないと消えないので、普段から支払いは遅れないよう、信用情報を汚さないように気をつけておきましょう。

トップへ戻る